害虫や害獣から身を守るために

ハチの駆除業者

屋外行動をするときの注意点

野外キャンプやハイキングに出かける時には以下のように心がけて世界的に凶暴な蜂として知られているスズメバチなどの被害にあわないように以下のように心がけて対策をしておく必要があります。

●長そで長ズボンを着用しましょう
屋外活動をする時には、肌を出さない服装をできるだけ身につけて肌を露出しないようにしましょう。そして、服の上からでも蜂針が通ってしまいます。スズメバチの威嚇音がしてきたときには、絶対に近くに近寄ってはいけません。そして、素肌を刺されるのに比べれば被害は小さくなりますので長袖長ズボンは絶対に身につけておく必要があり、ハチ対 策にとどまらず肌の保護は野外活動の基本となっています。
●白や黄色の服装や帽子を着用しましょう
外敵に対して攻撃態勢に入ったスズメバチは、黒いものに対して真っ先に向かって集団で攻撃してくることがあります。黒と比べると真っ白や黄色はより安全な色といえますので、明るい色の服装や帽子をよく目立つのでハチ対策以外でも遭難時にも役立ちます。
●殺虫スプレーを携帯する
多数のハチが攻撃してきたときに殺虫スプレーが手元に置いておけば被害が最小限に食い止めることができます。小型の殺虫スプレーを必ず携帯するようにしてください。ただし、殺虫スプレーがあるからといってスズメバチの巣を駆除しようとすることもかなり危険を伴います。
虫除けスプレーや虫除けクリームは、スズメバチなどに対しては全く効果がありません。
●ひとりだけでの行動は避ける
キャンプ場やハイキング。あるいは、登山などをひどい時には単独で行動すると何かあった時に命に関わってしまうことがあり大変危険です。ハチ対策にとどまりませんが、ひとりで行動すること自体が万一の場合に助けを求めることができない状態ですから集団行動をすることを考えましょう。
万一にそなえて複数で行動することが大事です。ただし、大きな集団で歩くと振動や動きなどで蜂の巣を刺激するリスクが伴います。このような事態にならないためにも小グループにわかれ静かに行動することが望ましいでしょう。万一に蜂に襲われたとしても小グループの方がてぎわよくその場から脱出することができます。
●においに気をつけましょう
化粧品や清涼飲料などに含まれるにおいのなかには、スズメバチに攻撃行動をもたらす警報フェロモンの成分が含まれていることが判明しています。野外での活動をする時には、絶対に化粧品や香水などの使用はさけるようにしてください。
●万が一、蜂に刺されてしまった場合には周囲に知らせましょう
蜂に刺されてしまった方でアナフィラキシーショックを発症してしまったことがある人は、ハチ毒アレルギー体質であるリスクがあります。もしアレルギー体質とわかったていて野外活動をする時には、メンバー内で情報開示をしておき人にそれを知らせておくことはもちろん、「私はハチ毒アレルギー体質です」と記入した名札を身につけるようにしてください。
万が一に蜂に刺されてしまった場合などした時には、応急処置に役立ちます。

当社からのご案内


奈良県出張対象地域
奈良市 生駒市 香芝市 橿原市 葛城市
軒先のハチの退治
天理市 宇陀市 五條市 御所市 桜井市
ハチの巣を防除
大和郡山市 大和高田市

施工料金リスト
ハチの巣
害虫が巣造りをしやすい位置
修理依頼手順