攻撃態勢に移行

害虫を退治する業者

敵が近づくとスズメバチが威嚇音を発する

スズメバチは巣に近づく相手(数m~10m程度の範囲)に対して「威嚇行動」をとります。
巣があることに気がつかなく巣に近づくと「カチカチ」と奇妙な音が聞こえてくることがあります。これは、近くにスズメバチの巣があることを意味しているサインです。この威嚇音に気が付いて周りを見てみるとハチが飛んでいるなんてこともあります。そんな時に驚いて騒いだり、はたき落そうとするなどの大きな行動をとると余計にハチが興奮して更に戦闘態勢を整えてくるので更に攻撃されるリスクが高くなります。
警戒音を出したり、タックルしてくる威嚇は最後の警告段階ですから、ハチが周りを飛ぶようなことがあれば、早めにその場から静かに立ち去る方が無難です。距離や状況によっては、こうした威嚇をすることなく攻撃してくることもあり騒音などでカチカチ音に気がつかない場合もあります。ハチが周囲を飛び回る段階で静かにゆっくりしゃがむか姿勢を低くして、静かにその場を離れることが身を守る行動をしましょう。

威嚇行動は、以下の通りの行動をしてきます。
★相手の周りを多数のハチが飛び回る
★タックルしてくる
★アゴを噛み合わせて「カチカチ」という音を出す

上記の行動をしたときには、既に戦闘準備だと考えもいいでしょう。

仮に刺されてしまった場合には、アナフィラキシーショックの可能性がないかすぐに病院に行くことが大切な行動です。
ハチに刺されると、体質によっては「全身性のアレルギー症状」が出る場合があります。すべての人が必ず発症するものではありませんが、こうした全身性の症状として「刺されたところ以外」に腫れや蕁麻疹などの各種症状が現れた時に呼吸困難に陥ってしまったり意識が薄くなったりする重篤な症状を引き起こす恐れがあります。
これがアナフィラキシーショックです!
蜂に刺されてから1時間以内に発症するケースが多いため、すぐに病院に行くことです。すぐに病院に行けない場合には、その間は「1人にならない」ことが大切な行動となってきます。

ハチの種類
コガタスズメバチ モンスズメバチ
ツヤクロスズメバチ

ハチに2回指されると危ないといいますが、これは、体質によって異なってきます。アナフィラキシーショックは、アレルギー症状なので、体質によって発症するか発症しないかは異なってきます。人によっては1回目で発症するケースもあれば、何度も刺されるうちに少しずつダメが蓄積していき発症するケースもあります。
また、刺された箇所や注入された蜂毒の量にもよって変わてくるので1か所刺されるだけよりも複数ヶ所刺される方が発症するリスクが高くなってきます。


当社からのご案内


奈良県のお客様からの評価
玄関横に蜂の巣がある ハチが飛んでいて不気味
通風口からハチが飛び出る

施工料金リスト
ハチの巣
害虫が巣造りをしやすい位置
修理依頼手順